国際ヨガ協会

協会の研修で学べる/選べるテーマ

ヨガの基本的なアサナや呼吸法のほか、分科会では興味をもつ会員が集まって次のようなテーマを研究しています。

(師範分科会及び体験コーナーより)

骨格修正法

日常の習慣から体に生じた癖を無理のない動きで修正してゆきます。

気エネルギー療法

感覚を磨き、大地と天から流れる生命の気(プラナ)をいただきます。

気脈活性法

気の流れをアサナによって活性化し、内臓やホルモンに間接的に作用します。

足裏健康法

毎日の生活や健康状態を映し出す足裏から体を整えてゆきます。

妊娠準備のヨガ

新しい命を迎えるために体を温め、整える方法を学びます。

高齢者のためのヨガ

やさしく正しい体との付き合いかたを楽しく学んでゆきます。

枇杷葉温圧療法

さまざまな目的で用いられてきた歴史ある民間療法を体験します。

可視光線療法

家庭用医療器具である太陽光線療機の放つ光が体や心の健康に役立ちます。

アレクサンダー・テクニーク

教師の手により、自分の体を正しく使うむずかしさと大切さを実感します。

アーユルヴェーダ

今も受け継がれているインド~スリランカの伝承医療を体験します。

バッチ博士のフラワーエッセンス

38種の花のエネルギーによって心にやさしくはたらきかける療法です。

健康視診法

顔に表れる内臓や神経などの状態を診断し、その改善方法を探ります。

印刷用ページ