国際ヨガ協会

創始者のことば

健康自衛時代

 最近になって医学界でも、適度な運動が健康を維持するだけではなく、病気の治療にも役立つことを認めるようになってきた。しかし現代人は電気釜で炊飯し、オーブンで料理し、クーラーやヒーティングで屋外に出ず、買い物や勤め先には車で走り、階段はエレベーターになり、太ったらサウナで寝ころんでマッサージを受け、少しでも動かないようにしている。
 アメリカでは毎年百万人近くが心臓循環器の病気で死亡し、さらに三百万人以上が精神病や脳溢血をおこして廃人となり、十代の青年男女が神経のいろいろな病気、ノイローゼや不眠症に悩んで仕事もできないでいるという。
 日本もアメリカのあとを追っていることは言うまでもない。空にはスモッグ、地には水銀、PCBなどがいっぱいだ。男は朝食を流し込むや満員電車に揺られるか交通渋滞のなかをイライラしながら通勤し、会社に着くとノルマ消化と出世競争に明け暮れる。疲れて家に帰ればテレビ、ラジオ、新聞がめまぐるしく政治だ、戦争だ、犯罪だとがなりたて、落ち着いて考える暇もない。女は家で汗も流さず家事が片付き、甘いケーキとおしゃべりを楽んでいるかと思えば受験戦争に子供以上に熱を入れる。たまに家族がそろう休日には大混雑のレジャー合戦に割り込んで疲れて帰宅するだけ。子供たちだって疲れ果て、青少年犯罪が増えるいっぽうで過食と運動不足と食品公害、生活公害で肥満になったり、朝礼で15分も立っていられない虚弱ぶりである。
 しかし社会を責めるのではなく、あなたはまず自分を正しく立て直さなくてはならない。現代人は一人残らず「半健康人」「半病人」なのであるということを自覚しなくてはなるまい。霊長、などと自らを呼ぶならば「自分にかえる」「自分を探求する」「身体や心の内面を観察する」「自分が生きていることの意味を考える」ことに努力しなくてはならないのだが、まずは自分の問題を自分で解決する姿勢をもつべきではないか。長い間自分の不心得であちこちを悪くして、自覚症状が出てきたらまるでひと事のようにすぐ病院に駆け込む。与えられる注射や薬をありがたがって、安楽な他力本願で病気が治ると思っている。病気はほかのだれかが治すものではなく、身体自身がもっている治るはたらきを手伝うだけだ。薬や医術は本来、補助的な役割をするにすぎない。 病気をほんとうに治すことができるのは、病人自身の生命力なのだということを忘れてはならない。
 その人が正しい生活を送り、正しい食事をとっていれば、全身の神経や血液やホルモンが調和を取り戻し、生命力は高まって病気は治ってゆくものなのだ。ところが世の多くの人は医師に任せて「果報は寝て待つ」ようである。その頼りの医療はいまや経済活動となって、昔、仁術と呼ばれたことは忘れているようだ。ひとり一人は高い理想を抱いて医師になったはずだが、現代社会では病院も経済活動として成り立たないと続かない。宗教も、芸術も、教育さえもが同様だが、医療も例外ではない。人類の幸福のための芸術や宗教、医療行為の結果として利益が生じるのではなく、初めから営利が先にたっているのだ。現在の保険制度では、「病気」を診るだけで「病人」は見失われてしまう。私がヨガ健康法を叫んでいるのは、このような人間無視の現状への反発からである。

「ヨガ健康法とは」(昭和51年刊)

ヨガ健康法

 今、私は日本や海外で健康法の指導に当たっているが、わずか数ヶ月で体調がよくなった、慢性病が治った、待望の子供ができたなどという多くの報告を受ける。これはご本人が指導どおりに取りくまれた結果であり、私たちからすれば当然のことなのだが、当初は苦労もあった。それは、どのアサナ(ポーズ)を誰がどれ位すれば効果があるのか、どのような経過をたどるのかなど、科学的・客観的に表現することができなかったのだ。アサナや呼吸法の良いことはわかっても、さまざまな体質、症状をもった個々の生徒に、アサナの種類、強度、頻度などを示すことができなかったのだ。インド各地のヨガアシュラム(道場)を探し求め、数多くの文献を持ち帰ったが、そこには一般的な効能や宗教的な抽象論があるばかりで、参考にはなっても現代人の健康法として相応しいものは見つからなかった。
 ヨガ教室も一旦初めても続かない人が多かったが、それは個々の問題や目標を指導者が具体的に示すことができなかったためだと感じた。なんとしても解決すべき課題だった。
 私は内科や婦人科の医師、カイロプラクティックなどの物療士や鍼灸師、脳波測定技師などの人々と協力して多くのデータを集めた。アメリカの空軍でおこなわれた有酸素運度についての研究データも参考となった。これらにインド古来のアーユルヴェーダ医学やインドや欧米において整理再編されたヨガの実践理論のなかから優れたものを選び出し、沖正弘氏とも協力して「国際ヨガ美療学会」を発足、自分で確立していた「個性美学」理論とも照らし合わせながら、いまも完成を目指して研究を続けているところだ。

「ヨガ健康法とは」(昭和51年刊)

私の出発点

 あれは昭和24年の11月、成城学園前の撮影所の役員室の小さなテーブルの前だった。小林一三翁は白髪温顔の目を輝かせて、私に言われた。「映画は顔の芸術だ。顔で喜怒哀楽を表現するだけではなく、その人の考えや身分や生活や病気をあらわさなくてはならない。ところが顔の研究はできていない。松島君、きみにその研究を命じる。」
 私はまず東洋相法と人相学と骨相学から勉強を始めることにした。しかし、これらの世界には合理的な進歩はなく、データと呼べるものは何も見つからなかった。次に中学の先輩、皿井長四郎博士を頼って、生徒2人の神経生理学講座を受講することができた。その結果、多くのことを学んだが、同時に医学も人間について分からないことのほうがはるかに多いということを知った。身体の仕組みが分かれば人体が分かるというなら、解剖学者がもっと多くの医学的発見をしているはずだ。検査する機械も次々と開発されている。しかし、生きている人間と死体では性質が変わっている。筋肉と骨格、内臓と皮膚の“生きた”関係など、ほとんど何もわかっていないといってもよいくらいだ。「なぜ病気になるのか」という根本的な問題も意外と難しく、カゼ一つとっても、その仕組みが分かっても予防できないのが現状だ。多くの医学博士に食い下がったが、最高の病院でも「半分以上は誤診だよ」という答えが返ってきた。科学のなかでも、生きた人間を扱う医学はもっとも遅れている分野ではないかと思う。必死になって顔に取り組み、人間に立ちむかったが、仕事と研究の二本立ての過労から昭和29年から31年にかけて、白内障を患い、腎臓病になった。研究の結論は出ず、会社も辞めざるを得なくなり、何度投げ出そうとしたことか。
 ようやく今、顔から読み取れる指数を入力するとその人の個性やかかりやすい病気などをコンピュータで打ち出せるところまできたが、人間の研究の前途ははるかに続くと感じる。

「ヨガ詳論・中」(昭和57年)

顔の秘密

 世にさまざまな学問はあっても、それらはあなたの顔面音痴、つまり人間音痴を克服する直接の役には立たない。なんとかトラブルを少なくして生きていこうというささやかな願いを持つ人から、成功せずんばおかないのだ、という立志の人に至るまで、人生を思う通りに進めるもっともよい方法は、顔というものがどんな意味をもつのかを知るという、当たり前のことからはじめなければならないだろう。
 では顔とは何か。アメリカのノーベル賞学者、アレキシス・カレルの言葉を借用すれば、人間の顔とは「その人の心の証明書であり、健康のカルテであり、生活の看板」なのである。この顔についての研究は古くから多くの研究がいろいろな方面からおこなわれてきた。人類学では頭蓋骨の長さや幅を測って特徴や生活状態などを調べてきた。しかし、まだまだ個性とのつながりや心理状態との関係では決定的な結論は見い出されていない。人相学や骨相学の方面でも、長い歴史の上に立って、経験にもとづく人間分析をおこなってきたが、科学的な学説といわれるには至っていない。 そこで、これら先輩たちの研究の成果を土台にし、顔と個性との関係を明らかにし、さらにそれを指数で表し、ヘアスタイルや服装との調和というオシャレ学に発展させようというのが、この本の目的である。

 人間には、どんなに栄養をとって大食しても太れない人や、お茶漬けを食べるだけでも太る人もおり、いろいろな美容体操ややせるための方法を実行して効果があっても、すぎまた戻る人、逆にじっとしていても痩せる人もいる。同じ人間として同じ肉体構造をもちながら、こうも不公平があるとは奇妙なことだが、それは個人個人の生まれる前の細胞分裂のしかたの違いのためなのである。
 人間が細胞の分裂によって成長してくることはご存知のとおりである。まずひとつの細胞の精子と卵子が結合して受精卵となり、そこから細胞分裂がはじまるやがて胚子を経て胎児となり、生まれて乳児となることには数兆個の細胞によって骨や筋肉、内臓などができあがるのである。胚子の8週間の間におたまじゃくしからカエルになるような変化をとげて成長するのだ。
 さかんに分裂をする細胞は3つの層に分類することができるようになる。内側を内胚葉、その外に外胚葉、その間にできるのが中胚葉といわれるもので、この3つの胚葉から、それぞれ決まった器官や組織が生まれてくる。その内訳は次のようになっている。
・内胚葉からできるもの:消化器官、肝臓、腎臓、肺、粘膜など
・中胚葉からできるもの:筋肉、骨格、泌尿器官、血管、汗腺など
・外胚葉からできるもの:神経組織、脊髄、脳、目、表皮、毛髪など
 このように、受精卵から増殖する細胞はいったん3つの胚葉に分かれ、そののちに決まった順序で器官や組織として発達していく。そこに遺伝や栄養の取り方、生活状態で、細胞分裂のしかたや発達状況がちがってきて、人それぞれの個人差となってくるのである。
 たとえば昔から「髪の毛が多く生まれる子は育てにくい」といわれるが、これは生活経験から生まれた言い伝えで、細胞分裂のしくみからみれば当然なのだ。髪の毛の多い子は外胚葉の分化が進んでいることで神経が敏感だが、逆に内胚葉の消化器官が弱く、母乳を吐いたり下痢をしやすい。手足の発達も比較的弱いために歩くのも遅れることからこう言われたのだろう。
 反対に髪の毛が薄く生まれてきた赤ちゃんは内胚葉型であるから、胃腸が丈夫で、食べたものはなんでも吸収して下痢をすることもなく、丸々と太りやすい。
 これはほんの一例であるが、この細胞分裂の3つのタイプを発見した生理学者のシェルドン氏に、ここでその理論をもう少し分かりやすくご説明願うことにする。

《外胚葉型》
 このタイプの人は内臓の働きは弱いために、栄養不良のような外観であるが、比較的大きい頭蓋骨、とがったあご、長く細い首、鼻は高くて髪の毛は硬い。
 気質として次のような傾向がある:
・堅苦しい姿勢と動作 ・引っ込み思案 ・感情表現を抑制する ・発声を控える
・苦痛に敏感 ・悩むと独りになりたがる ・意識して目や表情を動かす
《中胚葉型》
 厚く太い骨の持ち主で、頬の骨や下あごの骨はがっちりしているし、筋肉もよく発達して厚い。総体的にいうと鼻は比較的小さく低めだが、見るからに堂々とした体格の持ち主だといえる。
 気質として次のような傾向がある:
・機敏な動作 ・身体的冒険を好む ・運動が必要で大好き ・態度は大胆率直
・荒々しい競争心 ・声に大きい ・苦痛に対して忍耐強い ・悩むと行動を求める
《内胚葉型》
 胃腸をはじめ内臓がよく発達しているので、栄養の吸収がよく肥満しやすい。その割に手や足の力が弱くて比較的短かめ、体に対して小さい靴をはいているから面白い。そして体全体がやわらかく、中年以降はおなかが前につきだして前後に厚く、髪は柔らかで細く、コールドパーマをかけるとあたりやすくてとれやすいから、理容師・美容師泣かせである。
 気質として次のような傾向がある(シェルドンによる):
・くつろいだ姿勢と動作 ・味覚がするどい ・人間好きで朗らかな態度
・感情が豊か ・寛容である ・よく眠る ・悩むと人を求める

いずれも3つのタイプ間の“比較的”ではあるが、思い当たることがあるだろう。

「顔の秘密」(昭和42年;池田書店・刊)

印刷用ページ