国際ヨガ協会

運動の強さの目安

“体力”には大きな個人差があるので、運動の量や強さを客観的に測るのはむずかしいものです。そこで、自分でどう感じるか(「自覚的運動強度」と呼ばれます)を測る目安のひとつに「ボルグ・スケール」というものがあります。これは「運動中に感じていること」を 数値 に読み替えて、より正確に評価することを目的にしたものです、自覚強度50%で「ちょっときついかな」と感じるときを「13」とします。通常、健康維持のための運動療法では「11」(楽に感じる)から「13」の間の運動がすすめられます。

標示 自覚度 強度 (%) 心拍数 (/分)
20 (限界) 100 約 200
19 非常にきつい 93
18 86 約 180
17 かなりきつい 79
16 72 約 160
15 きつい 64
14 57 約 140




13 ややきつい 50



12 43 約 120
11 楽に感じる 36
10 29 約 100
09 かなり楽に感じる 21
08 14 約 80
07 非常に楽である 7
06 (安静) 0 約 60

ヨガ健康法 で は、初心者や高齢者、障害をもつかたは「10」から「11」くらいまで、50才くらいまでで健全な人なら、「14」から「15」くらいまでのポーズを短時 間(数呼吸の間)おこなってから、「6」の状態である[サヴァアサナ(しかばねのポーズ)]に戻ります。この強度の幅の広さが、 ヨガ健康法 が単に健康を維持するだけではなく、年齢や障害の有無にかかわらず運動能力を少しずつ回復・向上させてゆくことができる理由です。

印刷用ページ