国際ヨガ協会

やまいものうなぎもどき ~ビワ種粉末入り~

やまいものうなぎもどき
やまいものうなぎもどき
2月3日は節分。四季が一回りして終わる日で、昔の暦では翌日の「立春」から新しい年が始まりました。季節の変わり目は、悪鬼が集まり厄病や災いをもたらすと考えられていたため、各地でさまざまな邪気払いがおこなわれますね。また縁起物としてきた恵方巻は福を巻き込むとされ、幸せへの願いが込められています。

暦の上で春とはいえ、まだまだ寒い日が続きます。腎臓が弱まると体が冷えるので、意識的にいたわりましょう。やまいもは“腎”を養う食物で、漢方薬にも山薬として配合されています。焼くとムッチリとした食感でボリュームも出るので、メインディシュにもなります。( 2019年02月 )

材料(2人分)

  • やまいも100g (すりおろす)
  • おから60g
  • 焼き海苔1枚 (半分に切る)
  • びわの種2包
  • 適量
  • ✿タレ
  • みりん大さじ2杯
  • 大さじ2杯
  • 醤油大さじ2杯
  • ✿丼
  • ご飯2膳分
  • 山椒適量

作り方

① やまいも、おから、[びわの種] をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
② フライパンに油を薄くしき、半分に切った焼き海苔を1枚しいて①のたねの半量を海苔の上に広げる。
③ 両面をこんがり焼く。残りも同様に焼く。皿にのせておく。
④ フライパンにタレの材料を入れて煮立て、③のうなぎもどきをさっと浸ける。
⑤ ご飯の上に④のせ、残りのタレをかける。お好みで山椒をふる。

ヘルシーレシピ提供: 教育本部・師範代 長田一美