国際ヨガ協会

甘酒まんじゅう

甘酒まんじゅう
甘酒まんじゅう
夜風が涼しくなれば秋の深まりを感じます。中秋の名月ともいわれる「十五夜」は9月の行事ですが、10月にも栗や豆を供える「十三夜」があります。他にも「寝待月」「更待月」「十六夜」など、美しい月を愛で、実りに感謝する月見の風習は、秋の夜長ならでは。
今月は、月に見立てたサツマイモあんのまんじゅうを作ります。部屋の灯りもテレビも消して、お月見してみませんか。ゆっくりと空を見上げると、心にゆとりと潤いが生まれそうですね。( 2015年10月 )

材料(2人分)

  • 皮:中力粉120g
  • 玄米甘酒(なめらか)60g
  • [ヨガ食]2包
  • 大匙2杯
  • 少々
  • あん:サツマイモ200g

作り方

① 前日の準備:皮の生地をよく混ぜ合わせ、耳たぶ位の柔らかさになるまでこねて丸め、ボールに入れ、ラップをかぶせて一晩寝かせる。(室温に置く)
② サツマイモを蒸して皮をむき、ていねいに潰す。10個に丸める。
③ ①の生地を翌日もう一度こねて、10等分にして丸め、7~8cmの円形に伸ばす。
④ 中央に②のあんをのせて包み,とじ目を下にしてオーブンペーパーにのせる。
⑤ 蒸し器で強火で7~8分蒸す。
⑥ 蒸しあがったらザルに取り出し、うちわであおいでツヤを出す。

ヘルシーレシピ提供: 教育本部・師範代 長田一美