国際ヨガ協会

里芋のぎんなんあんかけ

里芋のぎんなんあんかけ
里芋のぎんなんあんかけ
季節の変わり目となる9月には、食事とも関わりの深い伝統行事が重なります。
9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」といい、季節の節目となる“五節句”のひとつです。季節の食材を食して邪気を払う習慣によるもので、重陽の節句では菊や栗をいただいて長寿と無病息災を祈ります。
そして、秋分の日をはさむ7日間は秋のお彼岸。家族で墓参りをし、仏壇に団子や萩の花に見立てたおはぎを供え、祖先の供養をします。こうした日本の文化を大切にしながら、食卓から季節を感じ、家族の絆を深めていきたいですね。
今回の料理は、ぎんなんと菊のあんかけで秋らしさを演出します。菊の花はビタミン類が豊富で、美肌効果も期待できます。( 2013年09月 )

材料(2人分)

  • 里芋400g(皮つき)
  • にんじん1/2本
  • 食用菊適量
  • ぎんなん適量
  • すだち(皮をすりおろす)適量
  • [健康十七茶] 1カップ
  • やかんに1カップの湯を沸かして十七茶を作る
  • 小さじ1杯
  • みりん小匙1杯
  • 醤油小さじ1/2杯
  • 小さじ1/3杯
  • 葛粉小さじ1杯
  • 小さじ2杯

作り方

① 里芋は皮をむき、塩(分量外)をふって手でもみ、水洗いをしてぬめりをとる。
にんじんは丸くくり抜いて下茹でする。
② 食用菊は酢(分量外)を少量入れた湯でさっと茹でザルに取り水気をしぼる。
③ ぎんなんの殻を割り塩(分量外)少量入れた湯で茹でる。
④ 鍋に①とAを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、落し蓋をして約20分柔らかく煮る。里芋とにんじんの煮汁を切って器に盛る。
⑤ ④の鍋の煮汁にBの水溶き葛粉を加えてとろみをつけ、菊とぎんなんを混ぜ合わせてあんを作る。
⑥ ④に⑤をかけてすりおろしたスダチをふりかける。

ヘルシーレシピ提供: 教育本部・師範代 長田一美