国際ヨガ協会

苺の桜餅

苺の桜餅
苺の桜餅
草木の芽もほころぶ4月。花の便りも聞こえて来ますが、20日は「穀雨」といって「雨が降って百穀を潤す」の文字通り、穀物を育む恵みの雨の時季でもあります。
今月のメニューは、この季節ならではの桜餅に苺を加えてみました。春のエネルギーを取り込み、毎日を活動的に過ごしましょう。
( 2013年04月 )

材料(6個分)

  • 地粉(中力粉)40g
  • 白玉粉10g
  • 枇杷種粉末3包
  • てんさい糖大さじ3杯
  • 80cc
  • 細かく叩いた苺2個
  • 小豆あん150g(6等分して俵型に丸めておく)
  • 桜の葉の塩漬け6枚(水に10分程浸けて塩抜き)
  • 3個(半分に切って飾りに用いる)

小豆あん

  • 小豆250g
  • 黒砂糖+てんさい糖合わせて160g
  • 小さじ1/2杯
  • この分量で小豆あんが600gができる。小豆は洗って3倍の水を加えて柔らかく煮る。砂糖を3回に分けて入れ、仕上げに塩を加えて混ぜる。

作り方

① ボウルに白玉粉を入れて水を少しずつ加え、よく混ぜる。ここに地粉と枇杷種粉末を少しずつ加えて泡立て器で混ぜ、てんさい糖をさらに加えてよく混ぜる。この生地を30分休ませる。焼く前に叩いた苺を混ぜる。
② フライパンに油を引き①の生地を大さじ1強を流し入れて6×12cm位の楕円に薄くのばして焼く。表面が乾いてきたら裏返してサッと焼き、ザルに取って冷ます。
③ ②の皮の端に丸めたあんを置き、くるくると包み、上に苺を飾る。
④ 皿に桜の葉を敷き、③を置く。

ヘルシーレシピ提供: 教育本部・師範代 長田一美