国際ヨガ協会

れんこんハンバーグのきのこあんかけ

れんこんハンバーグのきのこあんかけ
れんこんハンバーグのきのこあんかけ
晩秋ですが、暦の上ではすでに“立冬”。紅葉の便りも南下中でしょうか。
体にとっては「肺や腸を養う」季節です。しめじ、しいたけなどのキノコ類は油を分解する働きがあり、腸の吸収を良くして排泄を促します。
この時季に豊富に出回る、さつまいもなどのイモ類やレンコンの食物繊維も、お通じを助けてくれます。
ぎんなんは、蒔けば必ず芽を出す旺盛な生命力を持っています。肺の働きを強め、保温作用もあるので、夜尿症や頻尿、冷え症の人には助けになります。ただし生命力が強い分、食べ過ぎると逆効果になるので注意しましょう。一日に大人は5~7粒、子供は2~3粒が適当です。 ( 2012年11月 )

材料

  • れんこん100g(すりおろし)
  • 玉ねぎ80g(みじん切り)
  • にんじん 10g(みじん切り)
  • ヨガ食(AOB)2包
  • 小麦粉大さじ1杯~
  • 塩・こしょう・ごま油

作り方

① フライパンに油をしき玉ねぎとにんじん
を炒め、塩・こしょうで味を整え、ボールに移す。
② ①が冷めたられんこんを入れ、よく混ぜ、ヨガ食・小麦粉を入れ、小判形2個に丸める(れんこんの
水分によって小麦粉の量を調節)。
③ フライパンに油をしき両面こんがり焼く。

ヘルシーレシピ提供: 教育本部・師範代 長田一美