国際ヨガ協会

白菜“抗酸化”すいとん汁

白菜“抗酸化”すいとん汁
白菜“抗酸化”すいとん汁
寒くなると甘みが増す白菜は、漬物にしてシャキシャキとした食感を楽しんだり、煮込んで、とろりとした柔らかさを味わっても美味しい、冬の食卓で大活躍の野菜です。風邪予防や美肌づくりに役立つビタミンCや、高血圧予防に効果があるとされるカリウムも多く含まれます。これらの栄養素は水に溶けやすく、汁ごといただける鍋やスープなどにするのがお勧めです。彩りを添えるクコの実は古来「いのちを養う薬」といわれ、リノール酸やβ―カロテンが豊富で免疫力を高めます。( 2011年01月 )

材料(3~4杯分)

  • 白菜300g
  • 干ししいたけ大2枚
  • シメジ100g
  • ジャガイモ1個
  • にんじん50g
  • 長ネギ1本
  • クコの実適宜
  • カップ5杯(しいたけの戻し汁を含める)
  • ゴマ油小さじ2杯
  • 小さじ1杯
  • 大さじ1杯
  • 醤油大さじ2+1/2杯
  • こしょう少々
  • すいとん2種
    小麦粉:50g+ヨガ食2包
    小麦粉:50g+枇杷種粉末2本
    それぞれボールに水60ccでよく混ぜておく。

作り方

① 干ししいたけは水に戻し6つに切る。シメジは石づきを取り、ほぐす。白菜は2㎝幅に切る。
ジャガイモは2㎝角に切る。にんじんは薄くイチョウ切りにする。ネギは斜め薄切りにする。
② 鍋底に塩少々ふり(分量外)、干ししいたけ・シメジ・白菜・ジャガイモ・にんじんの順序に
積み重ね、一番上に塩を固まらないように均一にふり、蓋をしてとろ火でゆっくり蒸し煮する。
(野菜の水分だけで調理するので蓋に穴のない容器を使うか、アルミ箔を丸めて穴をふさぐ。)
③ 八分通り火が通ったら水を加えて煮る。火が通ったら酒・塩・醤油・こしょうで味を調える。
④ ③の鍋にすいとんをスプーンですくって落としいれ、すいとんが浮き上がり、 
吹いてきたらごま油とネギを加えて火を止めクコの実を入れる。

ヘルシーレシピ提供: 教育本部・師範代 長田一美