国際ヨガ協会

新緑の八宝寒天寄せ

新緑の八宝寒天寄せ
新緑の八宝寒天寄せ
体の細胞が活性化するこの時季に心がけたいのは、古い脂肪や塩分などの毒素を排出し、新しいたんぱく質を補うことです。野菜の葉緑素が代謝を促してくれます。

PR
麦緑素にデトックス効果
大麦若葉が農薬を分解殺虫剤マラチオンを始め、強い毒性をもつ農薬を分解する成分があることがわかっています(右は1997年の新聞記事)。
その後の研究で大麦若葉に含まれる豊富な酵素が化学反応を促進して分解させていることが分かりつつあります。これも酵素が生きた状態でないと働きません。
熱を加えずに粉末化するグリーンミクロをお勧めする理由のひとつです。
( 2009年05月 )

材料(4人分)

  • グリーンミクロスティック1本(3グラム)
  • 50cc
  • 帆立(5mmカット)4個
  • 赤ピーマン(5mmカット)1/4個
  • スイートコーン(粒)適量
  • うずら卵4個
  • おくら4本
  • 長いも(5mmカット)適量
  • 松の実適量
  • クコの実適量
  • 粉末寒天4グラム
  • 550cc
  • だし汁大さじ1+1/2杯

作り方

グリーンミクロを水50ccであらかじめ溶かしておく。
② 帆立、赤ピーマン、スイートコーンを少量の油で軽く炒め、塩、コショウで味を調える。
③ うずらの卵、おくらは茹でて、おくらは輪切りにする。
④ 鍋に水550cc、だし汁、粉末寒天を入れ火にかける。
⑤ 沸騰したら、さらに2分程かき混ぜ煮溶かし、クコを入れ火を止める。
⑥ 荒熱が取れたら①のグリーンミクロを入れ、混ぜる。
⑦ カップに⑥を半分程注ぎ、②、③、長いも、松の実を彩りよく入れる。
⑧ 残りの⑥を静かに注ぎ冷蔵庫で冷やし固める。
  ※ お好みでマヨネーズを上にかけてもよい。

ヘルシーレシピ提供: 教育本部・師範代 長田一美