国際ヨガ協会

大先輩に少しでも近づきたい

長崎大村諏訪学園 学園長 早田文子


ヨガを始めて19年。気がつけば、しなやかな体と心とを確かに感じています。今では、誰にでも「ヨガは体にいいよ」と勧めています。一人でするより、教室でみんなと一緒に行うのが一番楽しいです。
先生は「無理をしないでその日の体調に合わせて」とおっしゃいます。何かポーズをするときは、その前にほぐしの動作を入れて、無理なくそのポーズに導いてくださいます。そのポーズの効能も、毎回教えてくださいます。常に私たちに寄り添い、細やかにご指導くださる先生のやさしさを、とてもありがたく思っています。
この原稿を書くことで、自分にとってのヨガを顧みる良い機会となりました。これまでのinner Moveを読み返して、ヨガの知識を深めてみたいと思うようになりました。
ヨガとの出会いに感謝して、これからも先生や仲間との心癒される時間を楽しみたいと思っています。そして今なお95歳で、元気にヨガをされている大先輩に少しでも近づきたいものです。
感謝合掌

インナームーブ220号より