国際ヨガ協会

学び実感し伝えていく

神戸西学園長 小湊育世


国際ヨガ協会に入会していた母が以前より元気にはつらつとしている姿を見ていたので、体調を崩したときに母に相談し本部に連絡を取り、近くの教室をされていた清水邦子支部長をご紹介していただいたのが約11年前です。
それから、教室だけではなく、個性美学会や実践会、フェスティバル、TRY、サットサンガ、エリアワーク、修正法などに参加するようになり、いろいろな先生方から多くのことを学び、気づきもあり心身ともに元気になることができました。
サットサンガやフェスティバルでは会長より会場に香りをと担当するようになりました。広い会場ではアロマテラピーの意味があるのだろうかと思っていましたが、「いい香りでした。」「気持ちがほぐれました」などお声かけいただき、はじめから無理と思わずにやってみることの大切さを気づかされました。
教室を持つことも躊躇していましたが、指導者になることで生徒さんからも学ぶことが多くあり、そして元気になられていく姿を見て自信につながっていきました。勉強会に参加しても生徒さんにもこのよさを伝えたいという思いがあるからか生徒のときよりも理解力が深まっていく気がし、自分自身もさらに健康になっています。
いまは、ヨガ療法士の勉強中です。幅広い分野を学べることが幸せです。
「ヨガをしていてよかった。」と一人でも多くの方に思ってもらえるようにこれからも学び実感したことを伝えていきたいです。
感謝合掌

インナームーブ212号より