国際ヨガ協会

普段の生活の中でもヨガを

横浜南支部 横浜戸塚学園長 山品佳世子


22年前、友人に誘われて東戸塚教室に入会しました。当初はヨガの知識などなく、力まかせに動き、よく筋肉痛になった思い出があります。
木脇先生のわかりやすいご指導でヨガに魅力も感じ、身体が変わることも体感できるようになりました。
はじめてスポーツクラブのヨガ教室を担当した時、不安と緊張から生徒さんを見る余裕などありませんでした。それからは、諸先生方の勉強会に参加して多くのことを学び、経験も積みました。
長い歳月、悲しいこともありました。心が弱くなる私をヨガ仲間がさりげなく励ましてくださったり、生徒さんが待つ教室に出かけることで気持ちも前向きになり、ヨガに助けられました。
2年後、先生に強く背中を押してもらい、支部傘下学園長になることを決心しました。
今まで以上に教室に対しての責任や生徒さん一人ひとりを見ること、話を聞くことに気をつけています。ヨガは教室だけのレッスンで終わらないで、普段の生活の中でもヨガを取り入れ、身体に意識を向け、正しい身体の使い方をしてほしいと思います。
これからも奥深いヨガを、無理しないで楽しくお伝えしていきたいです。
感謝合掌

インナームーブ211号より