国際ヨガ協会

ヨガに出会って

栃木壬生学園学園 鯉沼行子


私が、腰塚学園長からヨガの誘いがあった時は、坐骨神経障害で脚のしびれがある時でした。ヨガを始めるようになり、いつの間にか脚のしびれがなくなりました。ヨガの凄さに気づき、ヨガを通して自分の身体と向き合う時間ができ、見つめ直すことができたことに感謝です。
ヨガならば一生できると思っているときに、学園長よりラーマトレーナーへの話があり、気軽な気持ちで挑戦し始め3級、2級へ。やるだけやってみたいという気持ちを大切にし、現在挑戦中です。
心と身体のケア、そして指導する大変さを知り、身体はほぐせばほぐすほど気持ち良いアサナができ「きもちいぃ〜」と思える自分が幸せです。これからも「続けてきて良かった!」と思えるヨガを多くの人に伝えることができたらと思います。
感謝合掌

インナームーブ209号より