国際ヨガ協会

癒しのひととき

広島鯉城学園長 山下賢司


きっかけは単なる好奇心でした。海外で生活していた頃、欧米のアスリートたちがこぞってヨガをトレーニングに取り入れ、その効果をベタ褒めするのをよく耳にしていた僕は、単純に「ヨガの何がそんなにいいんだろう?」と常々思っていたのです。
そんなわけで、知人がヨガをしていると聞きつけた僕は、早速体験レッスンに連れて行ってもらいました。びっくりするほど体の固かった僕は、どのポーズもまともにできませんでしたが、船本先生の温かい雰囲気に癒され、気分爽快で帰ったのを覚えています。ところが、翌日は全身筋肉痛…。当時は毎週バレーボールをやっていたので、まさかヨガで筋肉痛になろうとは…と軽くショックを覚えましたが、ハッと気づくと頭痛がしない! 極度の頭痛持ちで、ほぼ毎日頭痛薬を飲んでいた僕が、体験レッスンから1週間まったく頭痛がしなかったのです。
今だから白状しますが、とりあえずヨガをやってみたいという好奇心から、一度きりのつもりで行った体験レッスンだったのですが(スミマセン)、見事にヨガの効果を実感して、一転しばらく続けてみる気になったのでした。
そこから先は、船本先生の温かいご指導と絶妙な後押しのおかげで、いつの間にか講師になり、とうとう学園長にまでなってしまいました。わからないものです。
楽しい生徒さんたちが集まる教室の時間は、僕にとっても癒しのひとときです。これからも会長先生や多香先生をはじめとする素晴らしい先生方から、積極的に多くのことを学んで、生徒さんに伝えていきたいと思います。
感謝合掌

インナームーブ208号より