国際ヨガ協会

「ヨガは、人間まるごと救う」を実感

群馬中之条支部 埼玉見沼学園長 直子


トレーナーの期間が長く、学園長はやっと3年目に入り「指導とは自ら行ずることである」と色紙の文字が身にしみる今日この頃です。
ヨガを始めるきっかけは、行きつけの美容師の先生がヨガ教室を始めるからいらっしゃいと誘われて、仕事で座る時間が長く、運動不足解消と太めな体型でしたので二つ返事で始めました。初段に合格して数年、先生が教室を閉められて、どうしたものかと思っていたところ、(前)中之条教室の先生に声をかけていただき、(現)群馬中之条支部の金子治恵先生のもとで育てていただき、今にいたりました。ここまで続けてこれたのは、国際ヨガ協会とその先生方と出会えたからだと思います。
指導者の学びの場の、サットサンガとエリアワーク、生徒さんは実践会とフェスティバルがあり、楽しく学んでこれました。さらに多彩な分科会の存在は協会ならではです! 中でも谷村英司先生の「アレクサンダー・テクニーク」に魅かれトレーニングコースを卒業させていただきました。教室では「ヨガは、人間まるごと救う」を、生徒さんの成長する姿と帰られるときの笑顔から実感させていただいています。これからも、ヨガの知恵とアレクサンダー・テクニークをお伝えしながら、精進していきたいと思います。
感謝合掌

インナームーブ207号より