国際ヨガ協会

続けてきてよかった

島原学園長 大宮広美


ヨガって一体どんなもの? 一度体験してみようと、誘ってくださった知人が通う町内の教室へ。20年前のことです。そして今、思うこと…。「続けてきて本当によかった」これも、諸先生方の温かいご指導、仲間の支え、励まし、そして家族の協力があったからこそと、心からありがたく思っております。
ヨガを通し、かけがえのないものをたくさん得ましたが、特に日常の中で心身に意識を向けることが少しばかりできるようになったことは大きな喜びです。呼吸が浅くなっていることに気付いたら、深くゆっくり吐いてみる。姿勢が崩れていることに気付いたら、心の状態も一緒に整えてみる。身体の緊張に気付いたら、いたわりながらやさしくほぐして緩めてみる。よりよく生きるために、これからもこの気付きを大切に過ごしていきたいと思います。
未熟ながらヨガ健康法をお伝えする立場となって3年半が経ちました。私とご一緒くださる皆さんが、5年後、10年後、私と同じように「続けてきてよかった」と感じていただけるよう、焦らず、怠けず、丁寧に、日々努めてまいります。
ヨガで繋がれた多くの方々とのご縁に感謝いたします。皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
感謝合掌

インナームーブ204号より