国際ヨガ協会

箱根での [ヨガフェスティバル] にちなんだ余談をひとつ。



箱根といえば駅伝ですが、これは日本独自の競技で、英語でも EKIDEN。
1917(大正6)年に読売新聞の社会部長・土岐善麿の発案で4月27日に行われた「東海道駅伝徒歩競走」が始まりです。
関西組と関東組で競って、京都・三条大橋を午後2時に出発、東京の上野不忍池までの23区間、
約508kmを昼夜問わず走り抜けたといいます。
関東組がゴールに到着したのは 翌々日の 午前11時34分。
ということで、三条大橋と不忍池のほとりにそれぞれ「駅伝発祥の地」の碑が立てられています。



駅伝は『日本書紀』に記されている歴史ある言葉。道路網に30里、約16kmごとに置かれた中継所を「駅」と呼び、
宿泊施設や人、馬を配置していたのです。
東海道五十三次の伝馬制はこれを受け継いだものですね。

個人競技ではなく、仲間で「たすきをつなぐ」という共同作業もまた、日本人の心情に合致するものでしょう。
ただ、当時は第一次世界大戦のさなか。戦意高揚につながった面もあったかもしれません。

私たちは 平和な精神~ヨガの伝統 をつないでいきたいものです。

国際ヨガ協会・事務局