国際ヨガ協会

ヨガとの出会い

佐久間恭子

「決して無理はしません。自分と向き合い、人と比べないでください」と川原先生の適切なお声掛けと心地良い曲をBGMに、私のヨガ体験は始まりました。充分な体ほぐしからアサナへと進む間に、ヨガへの期待感は確信に変わっていました。

振り返れば50代で大きく体調を崩した原因のひとつは、自身の限界を無視した完璧主義の結果だったようです。心身共に疲れ果てていた私にとり、川原先生との出会いは実にタイムリーなものでした。心癒され、体は整え鍛えられる…実感として、「ヨガは、人をまるごと救う」と言われるのは、納得するところです。今後は継続すること。年を重ねても健康でいられるよう、少しずつ努力したいものです。劣等生ですが、これからも川原先生のご指導よろしくお願いいたします。

インナームーブ190号より