国際ヨガ協会

意識が変われば…。

天王寺学園 学園長 谷口英幸

皆さん、こんにちは。今年もきっと皆さんに良いことがありますよ…。私は、大阪の天王寺学園の谷口英幸と申します。

私はヨガを始めて15年位になりますが、始めは、自分の身体をほぐされ、気持ちが癒されることで充分でした。身体全体を動かし、深い呼吸をして、ヨガが終わった後の心地良さが最高だなぁと思っていました。

ある時、先生から「ヨガのフェスティバルに行きませんか」と誘われ、深くも考えず参加させていただき、こんなに多くの仲間がいるんだ、一日中、ヨガができるんだと感動しました。その後、先生から「谷口さんも指導者になったら」と言われ、ヨガで感じたことを伝えるのも良いことだと思い、昇段試験を積み重ね、二段になったところで、トライの合宿に参加、少しづつ教え始めるようになりました。

「兵庫県立体育館」、池田市の「さつきやま体育館」と大きな所を任され、ヨガの指導をしていたのですが、あるフェスティバルに参加した時に、山形の師範の先生から「数人の小さな自分の教室を持ったら…。勉強になるわよ。」と言われ、すぐに大阪市内に「阿波座健康ヨガ倶楽部」と言う名で小さな教室を持ちました。先生のおっしゃられたことが解ったような気がしました。今までは一方通行のヨガでしたが、その教室を持って、双方向のヨガができるようになりました。

今から六年余り前に、高齢者、ハンディキャップを持った方々のスポーツ施設でヨガを教えるようになり、利用者さんの身体の変化、心の変化を観て、ヨガの力を再認識し、これから必要とされるモノだと痛感いたしました。今後より一層、東洋医学などを学びながら、楽しいヨガを続けて行きたいと思っています。

感謝合掌

インナームーブ182号より