国際ヨガ協会

仲間たちと切磋琢磨しながら

長崎北陽学園 学園長 瀨戸口明美

今、もしヨガと出会ってなかったら?そう考えるとゾッとします。

痛めた膝は治ることなく整形外科通い。正座は一生できなかったと思います。

年を取ると病院に通うのが当たり前と思ってたあの頃、それが、ヨガとの出会いで大きく変わりました。山口京子先生の張りのある声、週に5回色々な会場で指導されてると聞き驚きました。こんな風に年を重ねていけたら素敵!!と憧れのような気持ちを抱いたのを思い出します。週1回教室に通うのが楽しみで、その内膝の調子も良くなり整形外科通いもなくなり、すっかりヨガの虜になりました。

入会から8年、学園長の認定を受け新たなスタートラインに立たせていただきました。

現在、山口先生が20数年前に開講し長年続けてこられた教室も担当させていただいてます。開講当初からの生徒さんもいて、ヨガも人生も私よりベテランの方ばかりで、最初は緊張して、まともに顔も見れなかったのを思い出します。

自ら開講した教室では、肩こりが良くなったとか、先日は妊娠を期に休会してた生徒さんから「ヨガの呼吸法のおかげで、安産でした」と嬉しい一報が届きました。健康でいられることは、自分自身は勿論、家族や周りの人をも幸せにしてくれると思います。

これから先は、住吉学園から同時に学園長の認定を受けた里内先生や田中先生、ラーマトレーナーの中野先生、教室のヨガ大好きな仲間たちと切磋琢磨しながら共に成長していきたいと思っています。

感謝合掌

インナームーブ162号より