国際ヨガ協会

ヨガへの想い

追田綾子

ヨガとの出逢いは、友人と体験に参加したことが始まりでした。慣れないサヴァ・アサナも何度か通ううちに心身の回復につながる喜びに変化していきましたが、生活リズムの変化から休みがちになる時期もありました。疲れが溜まるとヨガで得られる爽快感が恋しくてなんとか時間をつくって通いました。そのような忙しい日々を過ごしていると、「ヨガを通して自分と向き合う時間」はとても貴重に感じます。身体は正直で、同じアサナを行っても体調が優れない時は呼吸が浅くなり、体が思うように動かず自らの健康状態を気付かせてくれます。

もともと身体を動かす機会が少ない私が、健康を維持できているのは、いつも温かくご指導くださる坂本先生のおかげだと感謝しております。先生の後押しもあり、TRYやエリアワークにも参加させていただきました。そこでの諸先生方のご指導や仲間との出逢いにより、私の中でヨガの世界観が広がり、気脈の流れやヨガ療法などの理論的なことへの関心も強くなりました。

今後もヨガの奥深さを学びながら、楽しみ、癒され、成長していきたいと思います。

インナームーブ170号より