国際ヨガ協会

自分で対処できるようになった

上松和子

3年前、公民館から配布された会員募集講座の中にヨガ教室がありました。日ごろ運動をする機会もなく、肩痛や腰痛持ちの私は、還暦を翌年に控え、健康維持のため何かしないといけないと考えていたところでしたので、週に一度の講座、それも近くの公民館で開かれる講座なら続けられるかもしれないと思い、申し込みました。

初めてお会いする藤井先生に「他の人と比べてはいけません。無理をしないで自分のできる範囲でやればいいのですよ」と優しく言っていただき、安心したのを覚えています。足首回しを行うことで右足首が、また股関節回しでも右股関節が固くなっていることに初めて気付きました。初日の講座を終え、足の裏がホカホカし、体全体が温かくなったことが最初の感動でした。

3年経っても、ちっとも体は柔らかくはならず、ポーズも上手くできませんが、さまざまな体ほぐしを教えていただいたおかげで、日常生活で起きる腰や肩・首の痛みに、少しだけ自分で対処できるようになったのが進歩と言えるような気がします。

劣等生で、なかなか皆さんについていけませんが、藤井先生、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

インナームーブ184号より