国際ヨガ協会

ヨガとの出会い

駒見砂織

初めてヨガに興味を持ったのは、数年前たまたま読んでいた雑誌に載っていた記事です。その頃の私はムチ打ちの後遺症と思われる耳鳴りやめまいに悩まされていてました。そんな時に三宅先生の教室の案内を見て体験してみたのがきっかけです。体験に行った日も朝から調子が悪くフラフラしているような状態だったのですが、終わる頃には体も気分もスッキリしてとても心地良かったです。自分の身体のゆがみや、呼吸法を教えていただいたりするうちに、さらにヨガに対する興味が湧いてきました。週1回の教室が待ち遠しくなり、今では毎日寝る前にやらないとなんとなく気持ちが悪いと思うようになりました。今日はなんとなくだるい、そんな時には午前中にもヨガをすると体が軽くなり1日を気分よく過ごすことができます。ヨガとの出会いは、私の人生の中でももっとも幸運な出来事のひとつだと実感しています。これからも自分のペースでゆっくりと長く続けていきたいと思います。

インナームーブ177号より