国際ヨガ協会

太極拳とヨガ

安芸支部 瀬野学園 学園長 浜中芳恵

中年と言われる年代にさしかかった頃、何か体に良いことをしなくてはと、スポーツの苦手な私は以前から気になっていた太極拳を習うことにし、始めてみると、ゆっくりとした動作なのにキツイことにとまどいながらも楽しく10年ばかり続き、講師もいいかなと思い始めた頃に友人の誘いでヨガ体験会に行きました。ヨガはインドのおじいさんが、クネクネと小さな箱に入るイメージしかなく、私には無理と思いつつ出かけました。ところが、太極拳では気付かなかった自分の今の状態を、指しながら体と対話しながら見つめることを教わり、こんなに固かったとは…。先生の若さと柔軟さにあこがれ教室がスタートすると同時に入会しました。しばらくは太極拳との同時進行でしたが、ヨガを教わることで、柔軟性がでたのか、太極拳の方でも、皆さんが「足が良く上がるようになったね」など言ってくださり、思わぬ効果におどろきました。その後、仕事の都合もあり、徐々にヨガに重点をおくようになり、先生の熱心なご指導で楽しい年月が過ぎ10年表彰をしていただくまで続けることができました。現在その教室は、先生から受け継がせていただき、生徒から講師になった時は一番緊張した教室でしたが、皆さんで私を講師として育ててくださり、今までは実家のようにリラックスできる居心地の良い場所になっています。いつも教室でなごやかなムードを作ってくださる、親子で参加の水越良子さんをご紹介します。彼女は子育て中と言うこともあって、体はもちろん、心と食にも関心が高く、楽しみな生徒さんです。会長、本部の先生方、支部長、先輩講師、生徒さん、全ての方々に支えてもらい、今の私があります。今後とも、ご指導よろしくお願いいたします。
感謝合掌

インナームーブ153号より