国際ヨガ協会

ヨガと出逢えて

広島支部 小谷学園長 重津明美

ヨガと出逢う前の私は、高齢出産で体調を崩し、昼も夕もない子育てに疲れはてていました。ヨガも最初は、体全体に力が入りすぎ「肩の力を抜いて、リラックス」とよく注意されました。そう言われても、私は力の抜き方がなかなかわかりませんでした。でも腹式呼吸とともに無理をしない、気持がいいと体で感じる楽な姿勢をとることが、徐々にわかってきました。これはヨガに留まらず、生活自体にも言えることでした。初めての子育てにいろんな育児本を読み、夢は膨らみました。でも実際は、思うようにいかない子育てにイライラ。あれもこれもやってあげようと思えば思うほど体力がついていかない自分に、こんなはずではなかったと…
 でもヨガと同じく無理せず、肩の力を抜いて楽しみながら子育てするように変わってきたように思います。これからも、ヨガを続けて元気なお母さんと子どもから言われるよう、がんばっていきたいと思います。

インナームーブ155号より