国際ヨガ協会

楽しみながら

大浦学園 学園長 松木安子

母に誘われて、井上芳子先生の教室に入会したのが、15年ほど前です。「月謝を出してあげる」母のひと言で即決しました。その時は15年も続けるとは思ってもいませんでしたし、ましてや学園長になるなんて考えてもいないことでした。ただ、週に1回の教室は毎日の生活と違う時間が流れているようで、サバアサナの時は、このまま眠りたいといつも思っていました。アサナ実践会に参加して、思いもかけず優秀賞をいただき、「私にもできることがあるんだ」と自信になりました。大我先生との出会いで、先生が道場を開かれたことで門戸を叩かせていただきましたが、他界され、深堀尚子先生にお世話になって今に至ることができました。3人の先生方を通して一人ひとりの長所を伸ばし、短所を改善していくこと、根気よく指導することの大切さを教えていただきました。他力本願が大好きな私は、自力本願のヨガに出会えて、考え方も何事にも前向きに変わってきたように思います。
 教室を開講することで、「私を待っている生徒さんがいる」嬉しい気持ちで、毎日を過ごすことができます。
 この道を開いてくれた母に感謝
 三人の先生方に感謝
 生徒さんに感謝
 指導することは 自ら行ずること
 肝に銘じ、生徒さんと向き合って、楽しみながら歩んでいきたいと思っています。
感謝合掌

インナームーブ145号より