国際ヨガ協会

忘れ得ぬ思い出

西大村学園 学園長 磯木律子

私は長年、ひどい肩こりと体調不良に悩まされ、どうにか元気になりたい一心で高見千鶴子師範のヨガ教室に入会しました。しかし仕事の都合で、これまで途中3回もヨガ教室を休会しています。
 そんな私でも、これまでヨガを継続できたのは、優しい先生のお人柄にひかれたのだと思いますと同時に、私とヨガとの深い縁えにしを感じています。おかげさまで現在は体調が整い、とても活動的になり、気持ちも明るくなりました。自分自身の体験を通して心と体の密接なつながりを実感できました。
 今は体調を気にすることなく、物事に取り組めるようになり、ヨガに出会えて本当に良かったと思っています。そして何より、幼い頃より虚弱体質だった私が元気になったことを、今年90歳になる母が、自分のことのように喜んでいます。
 私がこれまでヨガを続け、指導者になれたのは、高見先生はもとより、生徒として通っていた教室の友人の方々のおかげだと思っています。友人が初めて実践会に誘ってくださった日のこと、昇段試験を受験する私を励まし、応援してくださったことは決して忘れ得ぬ思い出です。これからも初心を忘れず、高見先生、友人、生徒の皆さまへの感謝の心を胸に、教室に通ってくださる生徒さんが、日々元気に過ごしてくださるよう励んで参りたいと思います。
感謝合掌

インナームーブ147号より