国際ヨガ協会

ヨガに出会ってから

鹿児島谷山学園長 田中貴美代

20代最後の年、ヨガに出会いました。
 初めてのヨガ体験では、体が硬くてガチガチな私とは正反対に、自分の親と同年代の方々がなんなくこなすポーズ、しなやかな体にびっくりし「私もあんな体になりたい」という思いと「続けていると、そのうち体はやわらかくなるよ」という言葉を信じてヨガを始めました。体がやわらかくなるのに時間はかかったけれど、ヨガが終わると体に羽根がついたように軽くなり、内側から元気が湧いてきて、家事がとてもはかどりました。そして乾燥肌の私の顔がしっとりうるおうようになる頃には、ヨガと奥平支部長の魅力にすっかりひかれていました。
 先生に誘っていただいた勉強会は、初めて聞く顔の形や肉づきのこと、体や呼吸のこと、食の大切さ…等、驚きや学ぶ楽しさにこれまたハマってしまいました。そしてこの頃“ヨガは一生続けよう”と心に決めました。
 人見知りで引っ込み思案な私が、ほかの人に教えるなんてヨガを始めた頃は、まったく想像していなかったけれど、知る喜び、体が気持ち良く楽しく続けられたこと。なにより多くの人との出会いがあり、成長できたことが今日につながったのだと思います。まだ成長過程の私ですが、支部長はじめ先生方、私の教室に通ってくださる生徒の皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします。
感謝合掌

インナームーブ149号より