国際ヨガ協会

今できることから

北群馬支部 渋川東学園 学園長 佐藤美幸

私がヨガに出会ったのは今から16年前、公民館の体験教室の募集を見た時でした。その時の私の体は、腰が常に張り、冷え・のぼせが酷く、夜になると脚が丸太棒のように重くなり、無意識に壁に脚を上げて寝ている状態で、これはまずいと体験教室に参加をし、ヨガタイムが終わる頃には体が軽くなり、なんて気持ちが良いのだろうと即入会しました。始めてみて自分の体の歪みに驚きましたが、余計にのめり込みました。
 月日は流れ、指導者として教室活動をしていた平成18年の夏、足首に菌が入り入院し、教室は高澤先生にお世話になってしまいました。病院のベッドの上で動かせる所を動かし、呼吸法の練習、瞑想…一日中ヨガ三昧の中で自分と向き合い、今の自分を受け入れることでまた、ヨガに救われました。
 「先生お帰りなさい」と迎えてくれた生徒さん達、高澤先生の愛情ある叱咤激励、ヨガ仲間、家族、皆の支えがあり乗り越えることができました。ヨガがあったから今ここに私は居られます。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この経験から生徒さんには、自分が“今できることから”目標を持ち、その目標を達成する過程を楽しみながら、チャレンジしていってほしいと思います。私自身もっと学んで、明るく楽しい教室作りと、ヨガの指導者を目指して努力している人達を応援していきたいと思っていますので、高澤先生、協会の先生方、ご指導の程よろしくお願い致します。
感謝合掌

インナームーブ128号より