国際ヨガ協会

ヨガはお守り

北群馬支部 沼田南学園 学園長 高橋光子

高校生の頃からヨガに興味があり、習いたくてしかたがなかったのですが、沼田は田舎なので無理だとあきらめていました。そんな時、高澤先生の教室を知り、小学生になったばかりの息子と通い始めたのが17年前です。あっという間の17年間でした。永く続けてこられたのは家族の協力もありますが、北群馬支部の組織のすばらしさだと確信しています。エリアワークショップ・トライ・個性美学会・温圧施療師会などの勉強会は定期的に実施され、その他に“トレーナー研修会”と名づけられた勉強会が、月2回行われています。この場では、先にあげた勉強会の復習をしたり、指導する立場での悩みや不安を出して、お互いに励まし合い、そして勇気をいただいています。また、2年前からは、篠笛・インド舞踊の講師を迎えての学習会も行われています。発表会の場もあり、その日が近づくと、皆、童心に返ったように練習にはげむのです。何もかも忘れられる時間を与えていただき感謝しています。学園長となり、指導する立場になったときに、とても不安でしたが、「そうだ、相談できる仲間がいる、支部長の高澤先生がいるんだ」と思えたら気持ちが楽になりました。
 高澤先生に出会ってしばらくして、実年齢を知りすごく驚いた記憶がのこっています。先日ですが、反抗期の長かった娘に『母さん、何歳だっけ?』と聞かれ、答えると『母さん、若いよねえ』と真顔でいわれ、とてもうれしい気分になりました。やはりヨガのおかげでしょうか? これからも自力本願・初心不忘・心身一如をモットーに励んでいきます。ヨガは私にとって人生を歩んで行く上でのお守りだと思っているので。
感謝合掌

インナームーブ130号より