国際ヨガ協会

自分らしく

南那須支部 光陽台学園 学園長 常盤妃代

庭の片すみで、福寿草がお日さまに満面の笑みを向けています。とてもほこらしげに。私は届いたばかりの学園長の名刺を手にして、“しゃんと胸を張って手渡せる自分だろうか?”とうれしさ以上に不安と緊張が胸に広がるのを感じていました。
 『継続は力なり』だね。軽々に使いたくはないと思いつつ、よく耳にし、口にします。行なうは難しだからこそなのでしょう。でも私にとってヨガは最初から心にも身体にも元気をくれました。待ち遠しい週に一度のヨガ教室、雑事を忘れて自分の世界へ…瞑想タイムはいつも「今日のランチはどこにしよう」だったからかも?m(__)m …気が付けば肩こりも頭痛もなくなり、もっと早く出会いたかった!
 常に受動的、楽な方へ流れる中途半端な自分に多大な刺激を与えてくれたのは、TRYでした。参加した同期の方々の学ぼうとする真摯な眼差しと、きらきらした美しさ、そしてそのパワーを受け止め大きく包んでくれた先生方の熱意。私は圧倒されるばかりでした。個性美学の講義で谷村靖子先生が『憧れの人を持ちなさい』と。はい! パッと浮かびました。怠けそうになるとその憧れの人を思い浮かべて「よし。一歩でも近づくぞ!」と小さくこぶしをあげます。協会には多くの学ぶ機会があり、必ず自分を奮い立たせ、前向きにさせてくれる言葉に出会えます。一番の支えは素敵な生徒さんたち、にこやかな笑顔で帰られる姿を見ると、私もスキップしながら帰りたくなります。支えられ、学ばせていただき、ヨガを愛し、最後まで輝く未来を、そして自分を求め続けていきたい。「ヨガはいいよー」そう友に語りながら。
周りのすべての人達に感謝して 合掌

インナームーブ132号より