国際ヨガ協会

岩手中央支部 青山教室 長土居秀子

岩手中央支部 青山教室 長土居秀子

越後先生の教室では、まず体を動かす前に、心をほぐします。家事に追われあたふたと出掛けて来る主婦が主な生徒です。又子供や御主人とイザコザを起こして、プリプリと気が立ってやって来る人達も居ます。そんな仲間達を先生は独特の話術でもって、にこやかにさせリラックスした気分にさせて下さいます。体調不良の時も眉間に皺の寄った人も先生のお話しを聞き、笑顔に変わります。笑い話しだけではありません。ある時は学校のあり方、教師について、又食事について、洗剤について、衣服について、かと思えば医療のかかり方、子供のしつけについて、そして嫁、姑の問題と、もう書き上げたらきりがない程、ありとあらゆる方面のお話しを実に分かりやすく、解いて聞かせて下さいます。只聞かせるのではありません。まるで漫才でも聞いている様に、皆さん大笑いしながら学べるのです。そして、心も体もほぐれて来たところでアサナに入っていきます。アサナは個々で違いますから決して無理をして隣の人と競うことの無い様にとのお言葉。私はこれが良く、しっかりと「競うことなく」のんきにヨガを楽しんで居ます。でも先生は1人1人、とても良く心をつくして下さいます。だからこそ楽しみに皆んな通って来ているのだと思います。どうぞこれからもよろしくお願い致します。

インナームーブ49号より