国際ヨガ協会

群馬沼田東学園 学園長 津久井さと美

群馬沼田東学園 学園長 津久井さと美

「こんにちは!! お待たせしました。」
「待ってました!! 先生、実は昨日ね…」
こんな、ごく普通の会話で、お教室が始まりました。「これが2年振りのお教室かな?」と思えるほど、気持ちのいい、空気の流れでした。
「ああ、良かった。みなさん心も体も健康で、ありがたいなあ」と、ヨガに感謝しました。そして私をそんな場所に行かせてくれた、高沢先生に感謝しました。
今から10数年前の若かりし頃(今でも充分若い!?)、「うん?ヨガ?面白そうだ、やってみよう。」ご縁があって高沢先生のお教室に入り、「まあ、私、とっても元気。ちょっと冷え性らしい」という感じで、日々を過ごし、素敵な人と出会い、結婚し、子宝も授かりました。でも二度も残念な事になってしまい、「これは、おかしい。この冷え性を、何とかしなければ、何回も失敗する」と思い、高沢先生、本部の先生方に御指導を仰ぎ、グリーンミクロ、ヨガ食、紅泉茶、必要とするアサナと体質改善の為に1年間、本気で頑張りました。そのかいあって、無事、子供を産む事が出来ました。それも二人同時に…。お陰さまで、子供は日々すこやかに成長し、私は日々やせ細り(ダイエットには双子がおすすめです!)ヨガとはちょっと離れた生活になってしまいました。そんな子供達も、ピカピカの1年生になり、「さあ~て始めるぞ」と思った矢先、義母が脳梗塞で倒れ、「これは困った」と思いましたが、リハビリのかいあって何とか歩ける様になりました。このような現状の為、高沢先生が私の気持ちを思ってくださり、今現在は、週に1~2回先生の代行で教室に行かせて頂き、週に何日か、先生のサポートに入るという状況です。
いろいろな出来事のある私ですが、私は、人の話をよく聞ける、そしていつも平らな気持で、やさしく人を受け入れられる先生になれるように頑張ります。

インナームーブ85号より