国際ヨガ協会

さがみ野学園 長田一美

さがみ野学園 長田一美

「健康とは単に病気あるいは虚弱ではないと言うだけではなく、肉体的、精神的、社会的に完全に良好な状態を指す」───。これは世界保健機関(WHO)が明示している“健康”の定義です。この定義が目指すほんとうの“健康”を創り、そして保つための方法がヨガであると私は思います。
私がヨガを始めたのは、主婦健康診断の結果がきっかけでした。「貧血」「低血圧」「不整脈」「白血球が少ない」。毎年同じことを指摘され続け、でも「体質だから」と諦めていました。ところが、医者の勧めでヨガを始め、また食事療法を学んで実践したところ、なんと長年言われ続けた“不健康”状態が改善されたのです。
『この健康を、この清々しい体調を多くの方にお伝えしたい!』そんな願いからヨガの講師となる道を考え始めました。
『ヨガは単なる筋肉体操ではないのよー。』『アサナはゆっくり身体に聞きながら気持ちよく響くところを見つけてね。』『毎日の食事が大切なのよ。』身体を動かすだけのヨガではなく、心も一体となって考え、感じようとするヨガを生徒のみなさんにも知ってもらいたくて『全てに感謝!の心でね』と教室で言わせて頂いております。

インナームーブ56号より