国際ヨガ協会

横浜南支部 支部長 木脇純子

横浜南支部 支部長 木脇純子

 久し振りの休日、植木の手入れでもしようと思っていた矢先、原稿依頼の電話があり、何を書こうかと考えた末に、ありのままの“今の自分”を書いてみようと思いました。
以前(特に五~六年前まで)の私は、杓子定規に物事をとらえるところがあったのですが、この一年ぐらいの間に、何事にもゆったりした気持ちで向き合えるようになった気がするのです。不思議なくらいありのままの自分を出せるようになり、うまく歯車が噛み合うようになってきたように思います。決して良い方向ばかりとはいえませんが、こんな自分が今は好きです。だから毎日が楽しい。主人との会話も弾み、よく二人で出掛けるようになりました。
月日が経ち、こんな気持ちになれたのも、ヨガ道を歩んできたからこそなのでしょうね。さまざまな研修会等に参加し、そこで得たものを日々の生活の中で自分なりに楽しみながら実践し生かしていくうちに、自然と身に付いてきたのだと思うのです。そんな小さな積み重ねが“今の自分”なんだなあ…と。そのとき、そのとき、やるべきことをやる。ストイックになりすぎず、しかし妥協もなく、問題を掘り下げていければ、又何かが見えてくるような気がしています。これからも、人と人との出会いを大切に、勉強し続けていきたいと思います。
今年は熱海で[ヨガフェスティバル]が開催されるとのこと。生徒と一緒に参加したいと思いますし、全国のみなさんとの出会いも楽しみです。

インナームーブ67号より