国際ヨガ協会

東広島支部支部長 水戸寿子

東広島支部 支部長 水戸寿子

先代様に“何の花が好きですか”と聞かれ“ひまわり”と答えた私でした。「太陽に向ってまっすぐに大きな花が咲く所はいいけれど、意外に根が小さいよ。根元を大きく育てる様に。富士山は裾野が広いから安定した美しさがあるのです。」と教えていただきました。その事を常に頭におき自分の地元で、多くの方々との出合いを築いて行く事を目標にして来ました。太田一二三先生には、ほめて育てる事を学びました。初めにその人のいい所をほめてあげ悪い所は一つ注意する様に。そしてもう一つこんな事を教わりました。教室に出る時は常につり銭を用意しておき“支拂いたい”と言われた時には、すぐに対応できる様にしておく事。お金というものは、いつも有るとはかぎらないからです。先代様は“お金というものは、喜んで拂わしてもらいなさい。何十万のお金でも支払える事は幸せなんですよ。” と。そして“財布は大きめのものを持ちなさい。そうするとその財布に見合うだけのお金が入って来ます。”と教えていただきました。皆様も、もっと大きくされませんか。松嶌徹会長からは「大きな愛」を学びました。まず身近な人から愛し、地球上の人々が仲良く健康で明るい未来に向って希望の持てる様にヨガの指導を天職とさせていただきます。最後になりましたが、今、ふと今はなき父の顔が想い浮かびました。私が水戸家に嫁ぐ日に言ってくれた言葉です。“旦那様に優しくして上げなさい。そして可愛がっていただきなさい。”…と。私の人生の中で、いい師にめぐり会えた事が最大の喜びです。

1999年11月15日インナームーブ37]