国際ヨガ協会

ヨガに出会って

mbc学園教室 小林優子

市来町のデイサービスに勤務して8年。介護職をしている事もあり、30代後半から体の不調が続き、肩こり腰痛がひどくリハビリに通う日々、社会的・家庭的にも「このままでいいのか」と悩んでいました。
 そんなある日、知人の溜池さんの紹介で、国際ヨガに出会いました。教室の中、ヒーリング・ミュージックが流れ、繰り返される音に乗って体を動かすうちに、身心の緊張が解れ、安らぎを感じ、体が軽くなった気がしました。ヨガに出会って1年半になる今日、リハビリに通う回数も減り、気が付くと、腹式呼吸を意識的に行う自分がいます。又時々ですが、職場でレクリエーションの時間を使い、利用者の方々に、ヨガのポーズをアレンジして、介護予防につながる体操を指導させて頂く事もあります。
 今年6月、鹿児島で行われた実践会で、松嶌会長さんに直接指導して頂き、大きなパワーを貰い、日々笑顔で過ごしています。
 主人の他界から14年、色々な方々の支えにより、娘達もそれぞれ成長しました。年頃の娘となり、悩みも色々ですが、ヨガを通じ健康で日々を過ごす為に、努力を重ねたいと思います。
 最後に、ヨガを勧めて下さった溜池さんに感謝し、会長さん・田中先生を始め会員の皆さんこれからも宜しくお願いします。ヨガに出会えた事、幸せに思います。

インナームーブ91号より