国際ヨガ協会

ヨガとの出会い

近畿中央支部 吹田学園 学園長 山崎靖子

今から22年前、同じ日の新聞にヨガとエアロビクスの生徒募集の広告がはいっていました。どちらか迷った末、ヨガに入会しました。あの時ヨガを選んでいなかったら今の私はありませんでした。身体が弱く運動がまったく苦手な私でも続けていく事ができ、講師をすすめられ、それに向かって頑張っていました。でも出産、育児で四年間休み、身体はカチカチに硬くなっていきました。やりはじめてもすぐにはもどらず、一年以上もかかりました。
 仕事も始め、時間が変るたびに教室の場所を変え、何年間も生徒として続けていました。次第に自分の教室をもつという夢はうすれていき、あきらめはじめた頃、今の谷村靖子先生、多香先生と出会い、それからの何年間はとても早く自分の夢を叶えさせていただきました。しかも念願だったその教室が、22年前に初めてヨガと出会った同じ場所だったのです。
 初めはなかなか人数が集まらず一人からのスタートでした。一対一の数ヶ月間は私にとってもいい勉強になり、ご指導することの難しさを実感しました。今は少しずつ仲間が増え、にぎやかな教室になりました。みんなの笑顔を見ていると私まで嬉しくなり、いつも元気をもらっています。いつまでもみんなと一緒に元気な笑顔で続けていられる事、それと同時にヨガの素晴らしさを伝えていければと思っています。
感謝合掌

インナームーブ113号より