国際ヨガ協会

新居浜支部長 片山清

新居浜支部長 片山清

国際ヨガ協会会員の皆さん、今日は、多くの人達とは初めまして、此の度(6月5日)新居浜支部のヨガ教室(ラーマクラブ)を開校しました片山です。よろしくお願いします、私とヨガの出合いは17年前にもなりますが、それまでの人生の生き方を、軌道修正してしまったと、言っても過言ではありません。先ずヨガを始めたきっかけですが、脳内出血で半身不髄になり、そのリハビリの為です。またヨガを通して、多くの人達との出合いがありました。特にヨガを始めた時の金子先生(前新居浜支部長)を、はじめ、会長、谷村靖子先生(会長補佐)、大我先生(副会長)、等々多くの方々の暖かいご支援ご指導を頂き、肉体的にも精神的にも成長させていただきました。その上に予想もしていなかった、ヨガ(ラーマクラブ)の教室を開くことになりました。お陰様で2ヶ月で約40名の入会があり、昼間と夜間の2回でちょうど半分に分かれて皆さん頑張っています。
指導者としては、1年生ですので十分な指導が出来ませんが、生徒の皆さんの、やる気に後押しされて頑張っています。今私と同じ病気で、リハビリの為にこられている人もあります。これからは、今一度、ヨガ本来の語源(サンスクリットで結びつけるとか、何かと何かを結びつける、又その結果生じる新しい状態も「ヨガ」といわれる)を思い起こし、人と人との出合いを大切に、今までの私の経験と皆さんのやる気でお互いに健康でいられる様に、頑張っていきたいと思います。

インナームーブ47号より