国際ヨガ協会

国際ヨガ協会常任理事 神奈川西支部 支部長 生越陽子

国際ヨガ協会常任理事 神奈川西支部 支部長 生越陽子

5年前、母が亡くなり淋しい父はその1年後に私の家に一緒にくらす事になりました。主人が家にきてもらえばと言ってくれたのがきっかけでした。主人には感謝しています。父と主人は政治の話、経済の話をしながらよく言っている言葉は「おそまつだなー」という言葉です。そこで私はひそかに二人をおそまつ君1号、2号と名付けています。
思春期の頃の私は父の事を何故か嫌って口をききませんでした。特にどこが嫌いというのではなく、ほんのちょっとしたしぐさがその時の私にはゆるせなかったのです。
75才までは大学で教えていた父も80代になって、体力はずいぶん落ちたと思いますが、まだ仕事ももっているし今でも1年に2回位、外国に行きます。仕切り屋のところ、負けず嫌いなところ等、昔とちっとも変っていません。
でも自分の部屋でぽつんと座っている孤独で小さい後ろ姿を見ると、時々口げんかもしますが基本的には、とても幸せだったと思ってほしいと思います。

インナームーブ46号より