国際ヨガ協会

アサナ段位

ヨガのポーズ アサナ

アサナと呼ぶヨガのポーズは、体を整えるボディーワーク。ひとつ一つにはっきりとした目的 があって、健康増進のためのとてもすぐれた運動療法です。 ポーズはまた、毎年、いえ毎日変わり続けている体と心の状態を確かめることができる健康診断でもあります。 国際ヨガ協会では、長年のデータの蓄積によってアサナと呼吸法による段位制度を確立して、予防医学的な運動療法にして健康管理法として活用しています。 教室や研修会でおこなっている「昇段審査」は、ヨガ実践の目標としてだけではなく、ご自身の定期健診として受けていただきたいものです。

課題アサナと審査基準

  • 「必須アサナ」はその段位合格の条件として4点以上を必要とするものです。
  • 「課題アサナ」は審査会でかならず実施されます。
  • 「履修」は教室で実習していただきます。審査会でおこなう場合があります。

【初級】支部/学園長の審査・承認

6ヶ月以上のヨガ歴、または次のアサナ及び呼吸法全6種により合計16点以上

課題
[ダイヤモンドのポーズ]、[片足回転のポーズ]、[ネコのポーズ・1番]、[サカナのポーズ]、[前屈のポーズ]、[腹式呼吸

【三級】次の必須2種と、選択から2種、初級のアサナから2種を加えた計6種で合計20点以上

必須
[スリアナマスカル]、[ねじりのポーズ]
選択
[コブラのポーズ]、[開脚のポーズ]、[ネコのポーズ・3番]、[スキのポーズ]、[バッタのポーズ]
履修
[ブラーマリ-呼吸法]

【二級】次の必須2種と、選択から2種以上に三級のアサナを加えた4種、計6種で合計20点以上

必須
[バッタのポーズ]、[白鳥のポーズ]
選択
[ネコのポーズ・2番]、[逆さか立ちのポーズ]、[英雄のポーズ・1番]、[回転のポーズ]
履修
[スカープルバク(ナーディ・シュッディ)呼吸法]

【一級】次の必須2種と、選択から1種以上に三級〜二級のアサナを加えた4種、計6種で合計22点以上

必須
[シルシアサナ]、[アーチのポーズ]
選択
[弓のポーズ]、[ラクダのポーズ]、[三角のポーズ]
履修
[カパラバティ呼吸法]

【初段】次の必須2種、選択から1種以上に二級〜一級のアサナを加えた4種、計6種で合計22点以上

必須
[シルシのポーズ・2分間]、[アーチのポーズ・片脚上げ]
選択
[遮断機のポーズ]、[前後開脚のポーズ]、[カメのポーズ]、[牛面のポーズ]
履修
[バストリカ呼吸法]

【二段】次の必須1種、選択から1種以上に一級と初段のアサナを加えた4種、計6種で合計24点以上

必須
[ハトのポーズ]
課題
[クジャクのポーズ]、[片足胎児のポーズ]

【三段】次の選択から2種と、初段〜二段のアサナのうち4種を加えた6種で合計24点以上

選択
[片足引き寄せバランス]、[コブラ返しのポーズ]、[両足胎児のポーズ]

【四段】次の選択から1種と、初段〜三段のアサナのうち5種を加えた6種で合計24点以上

選択
[立ちハトのポーズ]、[シルシアサナ(ニ脚)静止3呼吸以上]

【五段】四段のアサナ1種と、初段〜三段のアサナのうち5種を加えた6種で合計26点以上

 

【六段】活動実績の総合評価;師範会の推挙;会長允可

NPO法人 国際ヨガ協会 2012.3.2発効

  • 印刷用ページ